引越しするなら安い業者を無料一括見積もりで必ず比較してください。

安い引越し業者の作業前の段ボール

※失敗しない引越し業者選び!
安心できて安い引越し業者を見つける方法とは?

 

引越しは何かと面倒なことが多いものです。

 

特に引越し業者選びに苦労している方は多いのでないでしょうか?

 

とはいえ、引越し安いところ探しで引越し業者選びを怠ると、予想以上に費用が高くついてしまったり、大切な荷物に傷がついてしまったのに保証されなかったりと、後々後悔することにもなりかねません。

 

  • 引越し業者選びで失敗したくない
  • とにかく安い引越しがしたい
  • 安心できる引越し業者を利用したい

 

引越しには不安がつきものですから、できれば安心できて、そして安い引越し業者を選びたいですよね。

 

そこでオススメしたいのが「無料一括見積りサイト」です。

 

私は引越しするときに、一括見積もりサイトを使って、安心できて安い引越し業者を見つけることができました。

 

 

「無料一括見積りサイト」とはその名の通り、無料で複数の引越し業者に見積りを依頼できるサイトのことです。

 

大手から中小までさまざまな引越し業者が見積り登録していることが特徴で、多いところでは200社以上の引越し業者と提携しているサイトもあります。

 

サイト内にある簡単な見積もりフォームを入力すれば、あっという間に複数の引越し業者から見積りがメールなどで、あなたのもとに届くという仕組みです。

 

さらに、無料一括見積りサイトには、知らないと損をするこんな利点もあります

 

 

引越し業者の安い見積もり

↑引越し業者の見積もりとパンフレット等

本当に数十万円も見積もりに差がでます

とにかく手間がかからない

ほとんどの無料一括見積りサイトの見積り依頼フォームはとても簡単に作られています。しかも1度の入力で複数の引越し業者に見積依頼ができるので、見積り依頼に時間を掛けずに、複数の見積りを取り寄せて比較することができます。

 

競合(ライバル)がいるとわかっているので、見積りが安くなりやすい

無料一括見積りサイトを通して見積り依頼を受けていることは、引越し業者側もわかっています。つまり引越し業者は競合(ライバル)がいるとわかっている状態で、見積りを作ることになります。ライバルがいるとわかっているので、費用を抑えた見積りを提案してくれます。

 

見積りを取るだけで、さらに安くなったり特典がもらえることも

いくつかの無料一括見積りサイトでは、見積りを依頼しただけで引越し料金がさらに安くなったり、資材などの特典がつくこともあります。

 

アリさんマークの特典

↑私が見積もり依頼した時のアリさんマークの引越社の特典

 

これだけお得な無料一括見積りサイト、利用しないと損してしまいますね

 

安い引越しするなら必ず一括見積もりサイトを使用したほうが良いということが、実際に使ってみてわかりました。

 

引越し一括見積サイト=大手や人気の引越し業者に一括で見積もりができるサービス

 

使ってみるとわかりますが、引越し業者や時期によっては、本当に数十万円単位で見積もりに差がでます。

 

1番高くて60万円が、4万円くらいで引越しできました。

 

管理人は引越し価格ガイドを利用しました。

 

入力もカンタンで大手の引越し業者が揃っている、人気の引越し無料一括見積もりサイトを厳選しました。

 

時間もかけることなく、見積もり額を知ることができますので、比較して1番安いところを探してみましょう

 

 

オススメ無料一括見積りサイトはココ!〜引越し安いところ.com

引越し価格ガイド

引越し見積もり&料金比較が1分で完結!引越し価格ガイド

数ある無料一括見積りサイトの中でも利用者数が多いことで知られているのが、株式会社引越し侍が運営する「引越し価格ガイド」です。

 

利用者数の多さから、案件紹介数は2016年5月時点でなんと2130万件にも上っています。

 

そんな実績ある引越し価格ガイドの特徴は、登録されている引越し業者にあります。

 

引越し価格ガイドでは大手業者から中小まで、のべ200社以上(2015年7月7日現在)の引越し業者と提携しています。

 

中には、宅配業で高い評価を得ているヤマト運輸が運営する引越しサービス「ヤマトホームコンビニエンス」、「アーク引越しセンター」、「アート引越センター」、「サカイ引越センター」、「アリさんマークの引越社」などの大手引越業者も登録されています。

 

さらに、地域密着の小回りの利く業者さんまで、自分にぴったりな引越し業者を見つけることができるでしょう。

 

見積り依頼と同時に料金相場もすぐにわかるので便利なサービスです。

 

引越し価格ガイド
https://a-hikkoshi.com/

 

安い引越し業者を見つけるための引越し価格ガイドの使ってみた

安い引越しを探すために引越し価格ガイドを利用してみた

 

では実際に、こんな感じで引越し価格ガイドを利用してみました。

  1. 現住所の郵便番号
  2. 引越し先
  3. 引越しタイプ(単身・家族・オフィス)

を選択していきます。

 

STEP1 お住まい情報

現住所と引越し先を入力

 

  1. 現在のお住まい
  2. 引越し先のお住まい

 

今の住所と引越し先の住所を入力します。

 

建物タイプの選択があって、マンションなのか戸建てなのか。また、階数やエレベーターのありなしを選択します。
訪問査定をしてもらう場合であれば、業者の見積もりの判断基準や正確な見積もりに影響しますので、ちゃんと入力しておいたほうが良いでしょう。

 

 

STEP2 お引越し希望日

引越しの希望日を記入した

 

  1. 引越しの希望日と人数
  2. お客様情報

 

希望日を記入します。また、「上旬・中旬・下旬」でも入力します。
曜日や日付によっても、見積もり額の高い・安いが変わります。

 

 

STEP3 お荷物情報

荷物を入力して安い引越しを検討

 

荷物の数量を入力する画面になります。
※まだ荷物の詳細は決まっていない時は、そのまま次の画面に進むこともできます。

 

タンス(小)が1点、40型テレビが1台、電子レンジ1台・・・みたいな感じで入力していきます。
1個あたり、数百円〜数千円という具合に見積もりされていると思われます。
実際に訪問査定した引越し屋さんも、同じように家に来て、数量を拾って見積もりしていきます。

 

引越し屋さんに依頼する作業

 

同じ画面に引越し業者に依頼することができる作業を選択できます。
時間がない方は別として、安い引越しをするなら、できるだけご自身で作業されるほうが良いですね。

 

  • 荷造り・梱包
  • 荷ほどき
  • 立ち寄り(実家・トランクルームを経由して新居に行くなど)
  • ペットの輸送
  • 不用品の処分

 

このような引越し作業をオプションで依頼することができます。

 

この他にも、

 

引越しする時のエアコンの取り外しも安い

エアコンの取付・取り外し作業も割引してくれます。正直これはかなり安いです。

 

ダンボールの個数を入力するところ

ダンボール個数の目安を入力するところです。

  • 1K  10〜15個
  • 2DK 20〜30個
  • 3DK 50個以上

私の場合は1LDKだったので、2DKの20〜30個を選択しました。
ダンボールは引越し屋さんにサービス(無料)してもらいました。

 

下のほうに確認ボタンがあって、次の画面で引越し相場が出てくるようです。

 

完了 相場をチェック

安い引越し見積もり相場の発表

 

引越し相場が出てきました。

 

63,000円〜316,000円とずいぶん差が大きいですね。

 

なぜ、こんなに差が出てくるのかは、訪問査定にきた営業マンに聞いてみましたので後ほど詳しく記載します。

 

ちなみに私の場合は1LDKから2LDKへ同じ県内の引越しという条件でした。

 

安い引越し業者は見つかった?一括見積もりサイトの利用した後の出来事

引越し価格ガイドで一括見積もりを依頼した後に、すぐに見積もりをしてくれる業者一覧がメールで送られてきました。

 

安い見積もりをしてくれる引越し業者のメール報告

 

私の条件であれば、下記の10社から見積もりが取れるようです。

  • アーク引越しセンター
  • アリさんマークの引越社
  • ダック引越センター
  • 安全輸送引越サービス
  • ファミリア引越サービス
  • 引越のプロロ
  • サカイ引越センター
  • シモツ引越サービス
  • アート引越センター
  • ガッツムービングサービス

 

メールが来て、5分くらいしたらガッツムービングサービスから、「詳細な見積もりがしたいので、訪問させていただいて見積もりさせてもらえませんか?」という訪問見積もりの電話が掛かってきました。

 

その後、次々と引越し業者からの電話がありました。

 

引越し業者名 どのような連絡があったか? 訪問見積もり依頼したか?
アーク引越しセンター メールと訪問見積もりしたいとの電話連絡あり × 訪問日時の都合が合わなかった為
アリさんマークの引越社 メールと訪問見積もりしたいとの電話連絡あり
ダック引越センター メールのみ ×
安全輸送引越サービス なんの連絡もなし ×
ファミリア引越サービス メールのみ(見積金額の記載有り) ×
引越のプロロ メールと訪問見積もりしたいとの電話連絡あり
サカイ引越センター メールと訪問見積もりしたいとの電話連絡あり
シモツ引越サービス メールのみ(見積金額の記載有り) ×
アート引越センター メールと訪問見積もりしたいとの電話連絡あり × 連絡のタイミングが合わなかった
ガッツムービングサービス 訪問見積もりしたいとの電話連絡のみ

 

訪問見積もりは、

  • 電話連絡をしてくれた業者
  • 日時の都合が合った業者

にしました。

 

訪問見積もりの日時は、○○日の13〜15時の間でお願いしますと伝えて、その時間に来れる業者のみ訪問見積もりをしてもらうことにしました。

 

メール連絡だけの引越し業者さんの場合は、すでに電話連絡で4社ほど訪問見積もりを受けることに決めたので、あまりたくさん業者さんを呼んでも大変だなと思い、特に連絡することはなかったです。

 

ほぼ一斉に連絡をしてくるので、電話を受け取れなかった業者もあるかもしれませんが。

 

引越し価格ガイドで一括見積もりをしてから、電話をしてくるまでのスピードは早いですね。

 

この引越し業者からの電話が大変だと思う人もいるかもしれませんが、これこそが安い引越しができるというポイントだと思います。

 

これだけ、引越し業者が競い合っているということは、価格競争にもなるということです。

 

私としてはこちらから連絡をする必要がなく、向こうから連絡をしてきてくれるので、楽できて助かりました。

 

最終的に下記の4社に訪問見積もりをしてもらうことになりました。

 

  • アリさんマークの引越社
  • 引越のプロロ
  • サカイ引越センター
  • ガッツムービングサービス

 

 

引越し一括見積もりサイトの利用後に迷惑メールや電話やDMとか送られてきたか?

引越し一括見積もりサイトを利用すると個人情報も送ることになるので、その後、迷惑メールや電話、DMが来るんじゃないかと心配でした。

 

引越し一括見積もりサイトを利用して、すぐに引越し業者から電話連絡やメール連絡がありますが、その後は特にメールや電話なども来ないです。

 

1つだけ、1週間後くらいに引越し価格ガイドの運営会社の引越し侍さんからは、インターネットの案内がありましたが、引越しから4か月経った現在では、特になにもありませんので安心して利用ができるところだとわかりました。

 

1番安い引越し業者はどこだった?訪問見積もりしてもらいました。

訪問見積もりの日時は、引越し価格ガイドで一括見積もり依頼をしてから、土日をはさんで4日後にしました。

 

急な依頼だったので、日時が合わない引越し業者もいましたが、4社の引越し業者の営業マンに家に来てもらって訪問見積もりをしてもらいました。

 

訪問見積もりの時間も、電話連絡の際に15:00からアリさんマークで、15:30からサカイ引越しセンターでといった感じで、それぞれの電話連絡してくれた業者に伝えていました。

 

一括見積もりサイトを利用してみてわかりましたが、訪問見積もりのスケジュールを決めておくとスムーズに予定をたてられます。

 

  • 訪問見積もりの日
  • 時間(何時から何時までか?)
  • 1業者あたり20〜30分と考えておく

 

私の場合は1LDKだったの20〜30分あれば見積もりとか、引越しについての疑問や相談をできましたが、3LDKとか大きな家であれば、相談の時間含めて1社あたり40〜50分ほど時間を見ておいたほうが良いかもしれません。

 

例えば、引越し業者4社まとめて同じ時間に訪問して、見積もりをするというのはしていないようです。

 

サカイ引越しセンターの営業マンが訪問見積もりをしている間に、アリさんマークの営業マンが来たら外で待機という感じになります。

 

しかし、前のお客さんに時間がかかっていて遅れてきた引越し業者がいました。17時に用事があって出かけなくちゃいけないので、2社同時に訪問見積もりをすることになってしまいました。

 

同じところにライバルとなる営業マンがいるので、こっちも向こうも見積もり額の相談など、やりにくかったですね。

 

できれば、引越し業者ごと1社づつ時間をとってあげるほうが良いです。むこうが遅れてきたらどうしようもないですが。

 

かといって、引越し業者の営業マンは地域ごとに担当者が回っているようで、営業マンどうし顔なじみであの人はどこのどこの営業マンだって知っていたりうまくやっているようですね。

 

安い引越し見積もりとパンフレット

↑各社の見積もりやパンフレット

 

15:00〜17:00の2時間、各社に訪問見積もりをしてもらいました。

 

最終的な引越しの見積もり価格は以下のようになりました。
相場より安い引越しができそうです。

 

業者名 見積もり金額
アリさんマークの引越社 ¥48,600(税込み)
引越のプロロ 6万円くらい
サカイ引越センター ¥164,500(税込み)
ガッツムービングサービス ¥43,200(税込み)

※引越のプロロさんが6万円くらいってアバウトな金額ですけれども、見積もり書をもらえなかったんですね。ちょうと同時にアリさんマークが見積もりをしていて、あまりにも安い金額なのであきらめちゃったからです。

 

1番安いところと高いところでは、約12万円違うということになりました。

 

なぜ、こんなに差があるのかというと大手の引越し業者さんは、引越しが忙しい時期には大口のお客さんの対応で忙しいからです。

 

大口のお客さんとは、大手企業などの法人の引越しのことですね。

 

なので、一括見積もりをしている飛び入りの個人のお客さんは、高い金額でないと引越しを請け負ってくれません。

 

3月末の土日の1番忙しい時期には、私と同条件(1LDKくらいの近距離引越し)の引越しで、大手業者を使用すると約60万円かかった人もいるみたいです。(とある引越し業者の営業マンから聞きました)

 

しかし、安いところと少し時期を外すことで60万円→4万円になります。

 

一括見積もりを使うと、びっくりするくらい金額が違うことがありますので、60万円を気軽に払えるくらいのお金持ちじゃない限りは、必ず使わないといけないです。

 

結局、引越しはアリさんマークの引越社さんにお願いすることになりました。

 

決め手は安さとサービスでした。

 

ダンボールなどサービスをしてくれて、なんとなく信頼できそうっていうイメージですね。

 

実際、アリさんに決めたのは大正解で、引っ越し作業員の方も本当に優秀な人が来てくれました。

 

ダンボールと緩衝材

↑ダンボールも緩衝材も無料サービス

 

OAやパソコンを運ぶダンボール

↑パソコンやPCモニターは専用のBOXで運んでくれます。

 

 

 

格安で引越しするコツ〜引越し安いところ.com

ダンボール

引越しをしたいと考えているそこのあなた、引越しの時に必要なお金のこと、しっかりと考えていますか?

 

引越しにかかるお金は、引越し費用をはじめ家具の買い替えなど、費用をかけないつもりがどんどん膨らんでいくものです。

 

そこで今回は、格安で引越しするために押さえておきたいコツを大きく2つご紹介します。

 

 

できるだけ自分で荷造りする

引越し業者のほとんどは、荷造りまで依頼すると料金が高く設定されてしまうことがあります。手間はかかってしまいますが、少しでも引越し費用を安く抑えるなら荷造りはできる限り自分で行うようにしましょう。
関連記事:引越し前の荷造りのポイントと引越後の片付けのポイン

 

引越し業者を無料一括見積りサイトで探す

無料一括見積りサイトとは、一回の見積り依頼で複数の引越し業者から見積りが取れる便利なサービスです。見積りを取れる引越し業者はサイトによって異なりますが、多いところだと200社以上もの引越し業者が登録されている(引越し価格ガイド)サイトもあります。

 

 

なぜ無料一括見積りサイトを利用すると格安で引越しができるの?〜引越し安いところ.com

 

無料一括見積りサイトの利用

無料一括見積りサイトの最大の特徴は、複数の引越し業者から見積りを取れるというサイトの仕組みにあります。

 

例えば、あなたが引越し安いところ探しで、引越し業者に個別で見積りを依頼したとします。

 

この場合、引越し業者は依頼主が他の引越し業者に見積りを依頼しているかどうかわかりません。

 

そのため、必要以上に安い見積りを出さない傾向にあります

 

しかし、無料一括見積りサイトで依頼した場合、他に競合となる引越し業者がいることは引越し業者から見ても明らかです。

 

結果、複数の引越し業者から自分の会社を選んでもらうために、個別で依頼するよりも比較的安い価格で見積りを提示してくれるのです。

 

複数の引越し業者

また、多くの引越し業者が登録されているサイトには、大手はもちろん地元に密着した中小の引越し業者も多数登録されています。

 

場所や距離によっては、大手よりも中小の引越し業者の方が安い料金で利用できることともあります。

 

とはいえ土地勘のない場所の中小企業を一つ一つ探すのはかなり大変です。

 

そんなときに無料一括見積りサイトを利用すれば、予想していなかった意外な業者から、格安見積りを提示してもらえるかもしれません。

 

そういった意味でも、無料一括見積りサイトを利用するメリットは高いと言えます。

 

さらにサイトによっては、見積りを取るだけで引越し費用をさらに割引してくれるところもあります。

 

また、引越しに伴うさまざまなサービスの提供割引などを実施しているサイトもあるので、引越し費用以外の部分でもお得感を感じることができます。

 

手間も価格も抑えられる無料一括見積りサイト、あなたもこの機会に利用してみてはいかがですか?

引越しする時の安い時期は?〜引越し安いところ.com

カレンダー

同じ場所に同じように引越しするなら、少しでも安く引っ越ししたいですよね。

 

実は引越しには料金が安くなる時期と高くなる時期が明確に存在します。

 

料金が高くなる時期を避けて引越しをすれば、かなり費用を抑えることができます。

 

では引越し料金が安くなる時期と高くなる時期とは一体いつ頃なのでしょう。

 

引越し料金が高くなる時期

桜

引越し需要が高い時期、つまり繁忙期です。

 

引越し需要が高いということは、引越し業者が営業をかけなくても自然と引越しの依頼が舞い込むわけですから、安くならないのは仕方のないことと言えます。

 

年度末である3月4月、辞令の出やすい12月などは比較的引越し需要が高くなり、引越し業者の繁忙期となることが多いようです。

 

月の中での繁忙期と閑散期

吉日

休みの方が多い土日祝日は、比較的引越し需要の多い時期ですので、料金もあまり安くなりません。

 

また平日であっても大安など縁起が良いとされる日程は、比較的引越し日程に選ばれやすいため、費用が高くなりがちです。

 

引越し料金が安くなる時期

雨

引越し業者にとっての閑散期となり、比較的引越し需要が少ない日程となる時期です。

 

 

6月

雨が多く、しかも祝日がないため、引越しの日程としては選ばれにくいようです。

7月

夏休みに合わせて引越しをする方が多いため、夏休み直前の7月は引越しの需要があまりない傾向にあるようです。

9月

末日になると転勤時期などで繁忙期となりますが、初旬は夏休み明けということもあり、比較的引越件数が少ないようです。

11月

転勤や辞令の多い12月前なので、引越し件数が少なくなる傾向にあるようです。

 

月の中で引越し料金が安くなる日

平日仏滅は比較的引越しには選ばれにくい日程となっています。
また下旬に比べ、初旬中旬が比較的引越件数の少ない時期となっているようです。

 

まとめ
引越し費用を安く押さえることができるのは、6月、7月、9月(初旬)、11月ということになります。
そしてその月の初旬から中旬の平日仏滅など縁起がよくないとされる日を選ぶと、さらに費用を安く抑えることができそうです。

 

関連ページ

引越しの「オンシーズン」と「オフシーズン」っていつなの?

 

もっと費用を抑えたい人は〜引越し安いところ.com

引越し

 

上記の引越し時期を踏まえて無料一括見積りサイトに見積りを依頼すれば、もっと費用を安く抑えることができる可能性があります。
気になる日程が複数あるなら、日程ごとに見積り依頼してみるのもよいでしょう。
日程を考えて無料一括見積りサイトで依頼する、これが賢い引越し安い方法の一つと言えそうです。

 

 

賢く安く引越しするなら、まずは引越し価格ガイドで無料で見積もりをとってみよう